の顔画像

美白化粧品をお探しの方へ…
貴方のお肌に合った美白のための化粧品のおすすめ人気ランキングをご紹介します。

実際の体験者の口コミ、レビュー、モニター調査、リピート率、売れ筋情報、などの調査によりランク付けをして紹介しています。

透き通った白い肌になりたい…近頃ちょっと顔の肌がくすんで…シミが消えなくて悩んでいます!これって美白ケアが必要ですよね!
…では、美白のための化粧品はどれを使えばいいですか?おすすめの人気商品で私の肌に合ったものは…?!?

このような顔の肌の美白でお悩みの方にお応えするために…安心して使用でき、しかも、人気があって効果が実感できてるオススメの美白化粧品を調べてみました!

美白の悩み…美白志向…これって、とても深いものがありますよね。

「もっとす透明感のある白い肌になりたい…」「顔にできたこのシミをなんとか消したい…」「肌の色のムラを均一にしたい」「肌がぼんやりとくすんでいるのでクリアにしたい」「…」

もともと、日本人には、白いくすみやシミが無い肌を好む価値観は古くからあったようです。

「色の白いは七難隠す(色白の女性は、少しぐらい醜い点があっても、目立たない。)」ということわざもあるくらいです。

そのため、昔は、「ウグイスのフン」が色白になる洗顔料として利用されていたともいいます。

このように、「白」には、みずみずしさやハリ、つるんとしたなめらかさなどのイメージがあります。

そもそも、美白の肌とは、どういうものなのでしょうか?

美白肌とは、くすみのない透明感のある美しい白い肌…といわれますが、そもそも肌の色は何で決まるのでしょうか

肌の色は、実は3つの要素から決まります。

3つの要素とは メラニン 血液 皮下脂肪 この要素がかさなって、十人十色 それぞれの肌の色が決まります。

ここで大事な点は、色が白い黒いを決める要素のメラニンです。

単純に言えばメラニン色素量が増えれば黒く、量が減れば白くなります。

紫外線を浴びるとダメージを防ぐためにメラニンが増えます。

日に焼けて皮膚が黒くなっているのは、このメラニンが大量に表皮細胞の中に取り込まれている状態ですが、通常、細胞のターンオーバー(新陳代謝)によって表皮細胞は剥がれて、元の肌に戻ります。

肌の新陳代謝の乱れや低下で、局部的にメラニン色素が沈着したままになったり、紫外線の量が減少しても、何らかの原因により、局部的にメラニン色素を生成し続けることがあるのです。

これがシミとなります。

また、シミの原因として、メラニンは刺激に対する防御反応として作られるので、ストレス、月経や妊娠などのホルモンの影響あります。

さらに、加齢によって以前浴びた紫外線のダメージがシミとなって現れることもあります。

この細胞に残った余分なメラニンを、をできるだけ早く肌の外に出すのが美白ケアなのです。

化粧品に見る美白の定義…美白とは?

近年では、色の白い美白した肌が人気になっていますが、しっかり美白とは何かを知っている人は多くないと考えられています。

美白とは、色素沈着の薄い白い肌を目指す美容上の価値観やそのような状態の肌のことをいいます。

肌の白さは生まれた頃から決まっています。生まれ持った肌をそれ以上白くすることは出来ないため、美容上の美白の正体とは元の肌色を保ち、それ以上黒くないように予防したりすることを指します。

つまり美白の正体とは、「メラニン色素の生成を抑えてシミやくすみなどを防ぐ」「日焼けによるシミをはじめとした肌トラブルを防ぐ」ことをいいます。

肌自体の色を白くしたり、できたシミに対して薄くするなどは、薬機法で効能を謳うことは許されていないのです。

また、美白と表記するには厚生労働省によって認められている成分が配合されている医薬部外品であるという承認が必要となります。

薬用ではないのに「美白」という製品は薬機法違反となってしまうため注意が必要です。

美白成分とそのメカニズム

美白成分には、ビタミンCやポリフェノールなどの種類があり、独特なメカニズムによって皮膚を丈夫にさせる性質があります。

抗酸化を促進させるのはビタミンCやポリフェノールなどですが、皮膚に潤いや弾力を与える成分では、コラーゲンやセラミドが代表的です。

紫外線の影響によって日焼けをすると、メラニンの色素沈着によってシミが固定化されてしまいます。

ところが、ビタミンCの影響を受けると、色素沈着を抑制するための抗酸化作用が働きます。

このようなメカニズムを利用して、ビタミンCが豊富な果物を夏場に食べることは、美白成分の枯渇を防ぐためには最適です。

ビタミンCが素晴らしいのは、色素沈着を予防しながら、潤い成分のコラーゲンの生成を助ける機能も持っているためです。

このメカニズムを応用するために、熱に強いビタミンCを持っているジャガイモは、コラーゲンが豊富な肉と一緒に煮物にして食べることがおすすめです。

美白成分の種類では、セラミドのメカニズムも重要なものですから、化粧品にも配合されています。

セラミドを吸収すると、肌の中ではバリア機能が働いて、乾燥から身を守る機能を発揮してくれます。

普段は化粧水や保湿クリームなどから吸収して、外出中の肌荒れを予防することが大切です。

日常的な食事では、セラミドが豊富なコンニャクを積極的に食べて、バリア機能を高めながら食物繊維によって腸内環境が充実するのも魅力です。

美白成分として大切なポリフェノールは、植物が生き抜くために作り出しているものです。

植物は強烈な紫外線を浴びることになるわけですが、人間のように日陰に移動することはできません。

そのままでは紫外線によって弱ってしまいますから、植物は色素成分としてポリフェノールを作ることで、厳しい自然の中で生き抜くことができるのです。

白夜の環境で育つビルベリーには、美白成分として大量のアントシアニンが含まれていますが、これも大自然で生き抜くためのメカニズムで作られているのが特徴です。

アントシアニンは身近な食べ物では小豆やナスからも摂取できますから、美肌のために積極的に食べてみてはいかがでしょうか。

天然の色素を構成する美白成分の中では、鮭などの魚に多いアスタキサンチンも非常に有名です。

強力な抗酸化力を持っているアスタキサンチンは、体内で蓄積する活性酸素の働きを抑制して、美しい素肌作りを手伝ってくれます。

アスタキサンチンは普段の食べ物だけでなく、サプリや化粧品にも含まれていることから、賢く選べば不足する心配がありません。

美白成分は、メラニンが作られるどのステップに働きかけるかで、大きく4つのタイプに分けることができます。

美白成分の4タイプとは?

メラニンはチロシンという物質がもとになって、表皮の底にあるメラノサイトで作られます。
まず、(1)紫外線や炎症などによる刺激が情報伝達物質によって肌の内部へ伝えられ、メラノサイトが稼働。
(2)チロシナーゼという酵素がチロシンに働きかけ、複雑な代謝プロセスを経て最終的にメラニンが完成。
(3)メラニンは、メラノサイトによって表皮細胞に渡され、
4)肌のターンオーバーとともに角質層まで押し上げられて肌の外に排出されます。

美白成分は、メラノサイトを稼働させる情報伝達、チロシンをメラニンへと変える代謝プロセス、メラニンの受渡、角質層まで押し上げられる際に黒化したメラニンを還元して色を薄くする、といった4つの段階に働きかけ、肌の白さを守りシミを防ぐように働くのです。(@cosmeより)

美白のためのスキンケアとは?

全ての女性にとってあこがれの的とも言えるのが、透き通るような白い肌を手に入れることでしょう。

そんな美白を実現させるためには、いったいどうしたらよいのでしょうか。

重要なポイントは、メラニンの生成を抑えることであると言えるでしょう。


メラニンが一旦お肌の基底部で生成されると、それは次第に表皮へと移動してくるものです。

こうして表皮に移動してきたメラニンが表皮に滞ってしまうと、そばかすやしみとなってしまうというわけです。

これでは、あこがれの美白に程遠い状態となってしまいます。

そこで、そのメラニンの生成を抑えることが、美白にたいへん有効であると言われているのです。


美白のためのスキンケアとして、覚えておきたい一つのポイントは正しい洗顔でしょう。

美白効果のあるスキンケア商品を使うのはその次の段階です。

まずは、メイクをしっかり落とすことと正しい洗顔が不可欠な要素となっているのです。

そこで、クレンジングでメイクや皮脂の汚れをしっかり落としたなら、蒸したタイルを顔全体に当てて毛穴が開くようにしましょう。

こうすることによって、開いた毛穴から汚れが浮き上がってきます。

それらの汚れをきれいに洗い流すことによって、お肌のくすみが減り、美白へとより一層近づくことができるでしょう。


美白のためにできるスキンケアとして、十分な保湿に心がけることも必要です。

洗顔をした後は、必ずたっぷりの栄養と潤いをお肌に与えてあげるようにしましょう。

このような保湿を行なう際に、美白成分が含まれているスキンケア商品を使うようにするなら、より高い効果を得ることができるでしょう。

特に朝、保湿に重点を置いたスキンケアを行なうとともに、夜に美白に重点を置いたスキンケアを行なうようにするなら、より効果的であると言われています。

夜寝ている間に、有効成分がお肌の奥まで浸透していきやすくなるからです。


これらの要素に加えて、正しい日焼け止めもスキンケアの重要な部分であると言えます。

透き通るような白いお肌を手に入れたいと思うなら、日焼け止めは欠かさず行なわなければなりません。

私たちが考えているよりも、紫外線はずっと強力だからです。

晴れている日はもちろんのこと、どれだけ曇っている日でも油断は禁物です。

日傘や帽子、手袋などで紫外線対策をしっかりと講じると同時に、お肌に優しい成分が配合された日焼け止め商品を使って、しっかり紫外線をカットしましょう。

こうした事柄に注意を払うことによって、美白に効果的なスキンケアができるでしょう。

美白化粧品の特徴

年齢を重ねることに、肌の色が暗くなってきたように感じると悩みを抱えていませんか。

若い頃と比べますと、肌の生まれ変わる力が弱まってきます。

そんな方におすすめなのは、美白化粧品です。

美白化粧品の特徴としては、シミの原因になるメラニンができる前に抑制してくれる効果があります。

また、メラニンができてしまった場合には還元してくれる効果のあるビタミンC誘導体は、抗酸化作用により活性酸素を取り除いてくれますのでアンチエイジング効果が期待できます。

次にハイドロキノンと呼ばれる成分の特徴には、高い美白効果を持つために肌の漂白剤と呼ばれています。

ビタミンC誘導体と同じくメラニンの還元効果がありますが、強い成分ですのでこの成分が含まれている美白化粧品を使う場合には事前にパッチテストをして肌に合うか試してみることが大切です。

ハイドロキノンは美白効果が高いのですが、間違った使い方をしてしまうと白斑という症状が出てします場合があります。

肌をきれいにするための化粧品なのに、肌の状態を悪くしてしまっては意味がありません。

正しく利用をして、スキンケアをしましょう。v

夏の時期の紫外線は強力ですので、念入りに手入れをしましょう。

特に年齢を重ねた肌は紫外線に弱く、シミができやすくなっています。

日光を浴びてしまったら、早めに美白化粧品でケアをすることが大切になります。

v

歳をとったからシミができやすい肌になってしまったと諦めていませんか。

美白化粧品を使うことで、白い美しい肌が戻ってきます。

大切なのは、継続してお肌のケアをすることです。肌を白くて美しくするためには、美白化粧品を使ってケアをすることも大切ですがストレスをためないように心がけましょう。

ストレスは肌の天敵ですので、少し体を動かす運動をしてリフレッシュをしましょう。

バランスのとれた食事と、肌を生まれ変わらせる力を高めるためにも十分な睡眠をとることが大切です。

また、ビタミンCの含まれた果物を食べることもおすすめです。

美白化粧品と一緒に使うことで、体の外側と内側から効果を期待することができます。

特にイチゴはビタミンCが豊富ですので、スムージーにして朝から飲むことで紫外線対策に効果的です。

自分の肌にあったケアをするためにも、まずはトライアルセットや試供品、などで試してみましょう。

いつまでも、若々しく美しい白い肌は女性の憧れです。あなたに合った化粧品で、こまめにケアしましょう。

美白化粧品を選ぶポイント

肌は日頃から紫外線によるストレスなどで、しわやくすみの原因となる問題を常に抱えています。

そのため、集中した美白ケアも必要になりますが、トラブルが起きたときだけ美白をするのではなく、常日頃から継続的にケアをしていくことが肌を綺麗に保つポイントとなります。

美白化粧品の選び方にもポイントがありますので、表示成分などは注意をしながら購入していきましょう。

美白化粧品と呼ばれているものは医薬部外品に分類されます。

薬事法では化粧品得するの中間的なもので、なんらかの改善が期待されるものとなりますので、まずは厚生省が認可している美白成分が配合されているものをチェックしていくといいでしょう。

パッケージだけで判断して買ってしまうと、時々美白化粧品ではないものがありますので注意しましょう。

美白化粧品で厚生省が認可している主な成分は、ビタミンC誘導体、プラセンタエキス、コウジ酸、ハイドロキノン、トラネキサム酸などがあります。

美白成分には大きく分けて二種類あり、メラニンができる過程を阻害するものと、シミを還元するものがあります。

ビタミンC誘導体やハイドロキノンはシミを還元するものになりますので、自分の肌の目的に合わせた選び方をしていくことも美白化粧品を購入するうえでの大きなポイントとなります。

また、美白化粧品は化粧水よりも美容液のほうが有効成分が豊富に含まれていることが多く、気になる肌に重点的にケアすることのできるアイテムだと言えますので、購入するときには化粧水だけではなく、美容液にも気をつけましょう。

乾燥性敏感肌などトラブルを抱えている場合は、美白効果と保湿効果の期待できるプラセンタエキスが配合されている美白化粧品を選ぶことをおすすめします。

また、水分の補給と保湿をすることはとても大切ですが、化粧品の選び方としてはなるべくシンプルな機能のあるものをおすすめします。

水分と脂分のバランスは必要ですが、バランスが整っていれば健やかな肌を保つことができますので、美白と保湿が目的であればそれ以外の成分の入ったものはなるべく避けるようにすることで、肌トラブルを回避することができます。

また、医薬品ではありませんが、なんらかの効果が期待できるのが美白化粧品となっています。

そのためトラブルも起きやすいので、パッチテストをしてトラブルがないことを確認してから顔に使うようにすることでストレスなく使用できると考えられます。

自分の肌の悩みやその原因を特定する…

また、美白化粧品を選ぶポイントとして重要なことは、自分の肌の悩みやその原因を特定するということです。

紫外線や摩擦などの外的な刺激から肌を守って、シミやくすみができない肌をつくりたい場合は、それらを予防する効果がある美白化粧品を選ぶ必要があります。

また、できてしまったシミやくすみを何とかしたい場合はそれらを薄くしたり消したりする効果がある美白化粧品を選ばなければなりません。


まずは、予防のための美白化粧品選びについてです。 シミやくすみは、紫外線や摩擦などの刺激により、メラノサイトから生成されたメラニンが色素沈着を引き起こすことで、肌にあらわれてしまいます。

ですので、メラニンの色素沈着を抑制する効果があるビタミンC誘導体や、コエンザイムQ10やアスタキサンチンやビタミンEなどの抗酸化作用がある成分が配合されている美白化粧品を選んで、スキンケアに取り入れるのが効果的です。

メラニンの色素沈着を抑制するためには、肌環境を健やかに整えておく必要もあります。

ですので、保湿ケアを徹底的に行って角質のバリア機能を高めておくということも重要なポイントとなります。

角質のバリア機能が高まれば、ターンオーバーも活性化されて肌細胞の再生もスムーズにいくので、シミやくすみが肌にあらわれにくい肌環境に整えることができます。

コラーゲンやヒアルロン酸やセラミドやプラセンタなどの保湿を高める効果がある成分が配合されている化粧品で、たっぷりと肌にうるおいを与えましょう。


つぎに、できてしまったシミやくすみを改善させるための美白化粧品選びについてです。

ハイドロキノンなどの漂白作用がある成分が配合されているものを選んで、集中的にシミやそばかすに働きかけるという方法が効果的です。

ハイドロキノンの漂白作用により、シミやくすみを消したり薄くしたりすることができるので、積極的にスキンケアに取り入れることで透明感のある明るい肌に導くことができます。

ハイドロキノンが配合されている美白化粧品は、様々なメーカーやブランドから市販されていますが、その中でも高濃度に配合されているものを選ぶようにしましょう。

ハイドロキノンの美白効果を高めるためには、保湿も必要不可欠です。

保湿をして肌環境を整えることで、ターンオーバーが活発になり、ハイドロキノンを効果的かつ効率的に肌に作用させることができます。

角質を健やかに保つことが保湿への近道となりますので、パックやふき取り化粧水やピーリング剤やブースターなどを使用して、うるおいが浸透しやすい肌づくりに努めましょう。

自分の肌に合った美白ケアを選ぶためには…

現在では、シミやくすみができる原因がわかり、美白メカニズムの解明によって、ぞくぞくと新し美白化粧品が発売されています。

そこで、大事な点は、自分の目的に応じた、自分の肌に合った美白ケアをおこなうということです。

しかし、実際問題として、自分の今の肌に合った美白化粧品は、どれを選べばよいのか?!様々な美白ケアの情報があふれている中、自分で選ぶとなるとなかなか大変です。

そこで、当サイトでは、独自の調査…実際の体験者のクチコミ、感想、レビュー、モニター調査の結果、売れ筋情報、リピート率などの調査により、おすすめ度、人気度を基にランキングで美白化粧品をご紹介します。

ぜひ参考にして、あなたに合った美白化粧品をお選びいただければ、幸いです。

美白化粧品    おすすめ人気ランキング

美白スキンケアでの注意点は?

美白スキンケアには、化粧水や美容液、パック、乳液など様々な種類があります。

普段のスキンケアでは、美白化粧水や美白美容液が取り入れやすい為、これらのアイテムから使い始める人が少なくありません。

美白スキンケアの注意点として、高濃度ビタミンC誘導体配合と書かれているものに注意します。

美白にはビタミンCが有効な成分として知られています。

しかし、ビタミンCは、肌が乾燥しやすくなったり、敏感肌の人の場合は、刺激を感じてしまうなどの副作用がある場合があります。

高濃度だからといって効果も高いとは限らないため、自分の肌に合った製品を選ぶようにします。


よく配合されている成分には、アルブチンがあります。

アルブチンは、そばかすの原因となるメラニン色素の生成を抑制する働きが期待できる成分です。

アルブチンにはα-アルブチンとβ-アルブチンがあり、α-アルブチンのほうが効果が高い為、選ぶ際には注意します。


また、基本の美白スキンケアは、保湿です。

シミやそばかすなどに対して効果の高い製品を使用したり、UVケアをしっかりしていても肌が乾燥した状態のまま使用していると満足のいく効果を得ることができません。

そのため、普段から保湿を念入りに行うようにします。

特に、季節の変わり目などは、急激な温度変化に身体が対応しきれず、肌が敏感になりやすいです。

春先は、新生活が始まりストレスを感じたり、花粉や紫外線などの様々な要因が絡み合い肌が乾燥しやすいため、念入りに保湿を行う必要があります。

肌が乾燥したままにしていると悪化して少しの刺激でも炎症を起こしたりする敏感肌に悪化することもあります。


注意点として、美白スキンケアで改善できるシミとできないシミがあることを知ることです。

紫外線によるシミは、重度の物になると効果の高い美白アイテムを使っても改善が難しいと言われています。

そばかすも予防はできても、すでにできてしまったそばかすの改善には限界があるため、どれだけケアを行っても改善の兆しが見られない場合には、皮膚科を受診してみることです。

皮膚科で相談することで、レーザー治療など有効な治療法により短期間で安全に治療ができることがあります。

美白スキンケアは、すでにできてしまったシミなどを治す目的よりも予防的な意味で使うことになります。

なかなか治らないからといって用法用量を守らなければ、他の肌トラブルを引き起こしかねないため、慎むようにします。

※おすすめのサイト⇒http://xn--40-df3c52n9mc775h.xyz/   http://www.modecracy.com/


#

■美白化粧品おすすめ@人気ランキングについて…■

ご紹介の商品ランキングは、サイト管理人の独自の調査ですので、そのあたりはご了承くださいますようお願い致します。

実際の体験者のクチコミ、感想、レビュー、モニター調査の結果、売れ筋情報、リピート率などの調査により、おすすめ度、人気度を基にランキングしています。





このページの先頭へ